遠絡療法とは?(患者様向け)

遠絡療法(遠道相応穴位経絡治療法)は、難治性の痛みや心身の様々な症状を改善する為に西洋医学と東洋医学の二つの医学の限界に対し、臨床経験を基に柯 尚志(こう しょうし)医師によって開発された新しい治療法です。

晩年の柯 尚志医師は、次元を統合する治療法ということで、「遠絡統合療法」ともおっしゃっていました。「ENRAC療法」「enrac療法」などとも表記されます。

症状を治すときには、まずその病態の正しい把握が欠かせません。

現代医学では、ご症状ごとに検査をして病名をつけます。複数の病名があれば、その病名ごとに薬を処方し治療を行います。(対処療法)

遠絡医学では、複数の症状からおおもとの病因を脳や脊髄などの中枢部より診断し、病因からの治療を行います。(根源治療)

生命活動の流れ=生体の流れ=ライフフロー

遠絡人形

私たちの体内には、血液、リンパ液、ホルモン、イオン、神経伝達物質など現在解明されているものと、エネルギーの流れなど未知のものを含む、「生体の流れ(ライフフロー)」が存在します。これらが滞りなく循環していることによって、生命は維持されています。

この流れの道すじを東洋医学では「経絡」、遠絡医学では「ライン」と呼びます。「ライン」には、それぞれ体内のライフフローに影響を与えている範囲があります。

遠絡療法は、目的部分の流れの滞りや詰りを元に戻し、原因部位を治療していくことができます。

脳や脊髄などの中枢部分に原因があった場合、そこをコントロールしている流れを改善することで、手足等の末梢部分に現れている症状も改善できます。

子午流注

遠絡療法の特徴

~副作用のない安全な治療法~
薬や注射、手術などは行わずに治療ができます。 子供や高齢者にも安全な治療法です。
~即効性に優れた治療~
専門のソフトレーザーのレーザー(光のエネルギー)や木製の棒で治療ポイントに押圧刺激を加えます。
木製の棒・専門のソフトレーザー

治療目的によって多様な組み合わせを駆使します。多くの場合、治療後すぐに症状の改善を実感できます。

通常の整形外科やペインクリニックでも改善しなかった疼痛や痺れ、発症後長期に続いている慢性症状の改善も治療を繰り返す中で大幅に改善していきます。

(症状が完全に出なくなるまでの期間や治療回数は、個人差があります。)

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016
埼玉県草加市中央1丁目1-18
草加整形外科内科4階
電話:048‐927‐5370
FAX:048-927-5360

詳しい地図を見る

受付時間

午前 9:00~12:30
午後 14:30~18:30

休診日

日曜・祝日