ドイツ波動医学・バイオレゾナンス療法

バイオレゾナンス療法

「バイオレゾナンス」はドイツの振動医学からなる理論で、振動(共振)を利用した健康法です。

あらゆる物体(ヒトも含みます)は固有の振動を持っていますが、病気など異常があると本来とは異なる振動を発します。

「バイオレゾナンス」では振動測定器を用いて異常振動をしている物体(細胞・臓器)を探し出し、正しい固有振動へと修正して健康な体の活性化を図ります。

また有害ミネラル・ウイルス・電磁波などが体に与える影響を測定し、中和(解毒)することも可能です。

こんな方におすすめです

  • 不調の原因を探りたい・化学物質や重金属、電磁波などの影響を受けていないか調べたい
  • 飲んでいる薬やサプリが体に合っているか調べたい
  • リハビリや遠絡療法の治療効果を妨げる要素を取り除き、効果的に治療したい
  • 頭痛、リウマチ、関節炎、膠原病、慢性疼痛、線維筋痛症、慢性疲労症候群、アレルギー、発達障害、原因不明の体調不良など

バイオレゾナンスとは、バイオ(生体の)+レゾナンス(共鳴)のことで、体にある特定の共鳴を与えることで、体のエネルギーの測定と治療が行えるものです。

物質は、量子力学的にみると振動しており、それにより波動がでていて、それぞれが持っている周波数があります。同じように、人間の臓器にも様々な周波数があります。その周波数を用いて、臓器の不調や病気の原因などを測定し、その周波数を整える(波動調整を行う)治療がドイツでは行われています。

1976年にドイツの物理学者パウル・シュミットが発明した波動測定治療器は、現在ドイツでは治療の一環として使用されています。長年の積み重ねにより、様々な要素の測定と治療が可能です。

当院で測定と調整が可能な要素

環境要因

  • 感染(細菌・ウイルス・寄生虫など)
  • 生活環境(ジオパシックストレス)
  • 電磁波
  • 重金属、環境汚染物質など

身体・エネルギーに関する要素

  • 酸・アルカリバランス
  • チャクラ・経絡
  • ビタミン・ミネラルなどの微量元素

特別診療担当医

高橋秀則 医師

特別診療担当医 高橋秀則 医師

帝京平成大学特任教授

  • 東京大学医学部医学科卒業
  • 英国オックスフォード医学部大学院
  • 元帝京大学医学部付属病院麻酔科教授
  • 元帝京平成大学ヒューマンケア学科 鍼灸学科教授
  • 日本麻酔科学会専門医
  • バイオレゾナンスセラピスト

料金のご案内

料金
【初診】¥30,000(+消費税)
担当:高橋秀則医師 約150分
・検索(経絡すべて・重金属・ウイルス・化学物質・癌・その他の項目:全身)
・個別のバイオレゾナンス療法プログラムの処方
・プログラム実施

※すでに当院受診中の患者様の場合 ¥20,000(+消費税)

【再診】¥15,000(+消費税)
担当:高橋秀則医師 60分

【プログラム実施のみ:20分】¥2,000(+消費税)~
(10分追加ごとに¥1,000(+消費税))
担当:当院治療スタッフ

バイオレゾナンス療法は完全予約制で受付しています
【月1~2回 (金) 15:30~】

 

診察、ご相談を希望される方はこちらからご連絡ください
お問い合わせ電話番号:048‐927‐5370
メールはこちらから
お問い合わせフォームはこちらから

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016
埼玉県草加市中央1丁目1-18
草加整形外科内科4階
電話:048‐927‐5370
FAX:048-927-5360

詳しい地図を見る

受付時間

午前 9:00~12:00
午後 14:30~18:00

休診日

日曜・祝日