身体の痛み・痺れのメカニズム
・・・不通則痛

東洋医学(中医学)には、「不通則痛」(通じなければ即ち痛む)という言葉があり、体内の流れが滞ると痛みが起こると考えられています。

人は怪我、打撲、神経痛などいろいろな原因がもとで組織が損傷された部分(壊れた部分)に「痛み」を感じますが、すべて痛みを感じているのは、「知覚能力」を持っている「脳」です。「壊れた部分(症状の出ている部分)」で痛みを感じている訳ではありません。「壊れた部分」でライフフローが滞り、それを脳が感知することによって「痛み」を感じると言えます。

例えば、人の身体を山に例えると「痛い箇所」は「山崩れ」を起こしている箇所であり、山崩れのために交通が遮断され「通りにくい」状態になっています。そのために感覚神経を通じて間脳にある「視床」に信号が送られた結果「痛み」を脳が感じるというわけです。

遠絡医学では、ライフフローが滞るとその場所に「疼痛(Sharp Pain)」が起こり、さらに障害物が大きくなり滞りが強くなると「重み(Dull Pain)」が発生し、完全にライフフローが詰まって流れが遮断されると、そのから先の範囲に「痺れ(Numbness)」が発生すると考えています。

痛みと痺れの病理
(遠絡統合療法セミナーテキストより)


「遠絡統合医学概説」の一覧を見る

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016
埼玉県草加市中央1丁目1-18
草加整形外科内科4階
電話:048‐927‐5370
FAX:048-927-5360

詳しい地図を見る

受付時間

午前 9:00~12:30
午後 14:30~18:30

休診日

日曜・祝日