更年期障害

閉経(およそ50歳前後)に伴うホルモンバランスの変化によって、女性の身体に起こる様々な症状を総称して更年期障害と呼びます。
※最近は、男性の更年期障害も指摘されています。

原因

女性の場合、加齢による卵巣機能の低下によってエストロゲン、特にエストラジオールの欠乏に基つくホルモンバランスが崩れ、閉経前後に様々な症状が表れます。

症状

ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)などの血管運動神経症状。
めまい、耳鳴り、肩コリ、不眠、疲労感、口の渇き、喉のつかえ感、頭痛、生理不順、息切れ、下痢、便秘、しびれ、知覚過敏、筋肉痛ヒステリー、情緒不安定、イライラ、憂うつ

更年期障害に対する遠絡療法

更年期障害に起こる症状は、視床下部、脳下垂体などを中心にライフフローを調節することによって、軽快治癒させる事が可能と考えます。

【症例1】46才、女性

今まで正常にあった生理が不順になり、不正出血、不眠があり、ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)の症状が頻繁になり、婦人科を受診、更年期障害と言われ、ボセルモンデポー注射を受けましたが、薬の副作用で、治療を中断しました。

遠絡療法目的にて来院。遠絡にて上位中枢を治療し、1回目の治療で睡眠は改善し、よく熟睡できるようになりました。5回目の治療で、生理が正常に戻り、のぼせの症状も出なくなりました。

【症例2】52才、女性

最近、順調にあった生理が止まりました。夜眠れなくなり、些細な物事にイライラし精神的に憂うつ状態。肩こり、便秘も酷くなりました。

婦人科を受診し、更年期障害と診断されました。精神安定剤と筋肉弛緩剤を処方されましたが、改善せず、遠絡療法目的にて来院されました。上位中枢、およびライフフローの調節を目的とした遠絡療法を行い、1回目の治療で夜間の不眠が改善、2回目の治療では便秘が改善しました。5回の治療ですべての症状が改善しました。

診察、ご相談を希望される方はこちらからご連絡ください
お問い合わせ電話番号:048‐927‐5370
お問い合わせフォームはこちらから

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016
埼玉県草加市中央1丁目1-18
草加整形外科内科4階
電話:048‐927‐5370
FAX:048-927-5360

詳しい地図を見る

受付時間

午前 9:00~12:00
午後 14:30~18:00

休診日

日曜・祝日