子宮頸がんワクチン注射後副反応

子宮頸がんワクチン注射後副反応とは?

子宮頸がんワクチン注射後副反応とは?

(1)子宮頸がんについて

子宮頸がんとは、子宮の入り口に発生する癌のことです。子宮頚がんは遺伝に関係なく、原因の大半はHPV ウイルス(ヒトパピローマウイルス)の感染によります。ウイルスは性交渉によって、人から人へ感染するとされています。20代から30代女性の発症するがんの第一位を占めており、年間3000人が死亡します。

1976年、ドイツ癌研究センターのハラルド・ツア・ハウゼン名誉教授は、HPVが子宮頸がんの原因であることを突き止め、1983年、子宮頸がんの中にHPV16型のDNAを発見、翌年、HPV18型のDNAも発見しました。この研究結果を元に、2006年には、子宮頸がんワクチンが製造されました。

HPVウイルスは、ヒトの乳頭のようなイボを形成することからこの名前が付けられました。性交渉などから、粘膜や皮膚に感染するウイルスです。ウイルスは100種類以上ありますが、発がん性の高いウイルスは15種類あります(HPV16.18.31.33.35.39.45.51.52.56.58.59.68.73.82型)。その内、HPV16.18.52.58型が高リスクウイルスとされています。

(2)子宮頸がんワクチンについて

子宮頸がん予防の為に使用されたワクチンは2種類です。

  • 2009年10月に承認された英・グラクソスミスクライン社の「サーバリックス」
  • 2011年7月に承認された 米・メルク社の「ガーダシル」)

サーバリックスの有効成分のHPVウイルス蛋白質ウイルス粒子はイラクサギンウワバ(蛾)の細胞の遺伝子を組み替えて作成した蛋白質ウイルス粒子です。

ガーダシルは酵母の遺伝子を組み替えて作成した蛋白質ウイルス粒子です。両者とも、長期間にわたって高抗体価を維持するために、免疫増強剤が必要となり、水酸化アルミニウム懸濁液が添加されました。

ワクチンは、HPVに既に感染している人には、効果がなく、また、同ウイルスの増殖を刺激すると言う報告があります。これらの理由により、性交渉をまだ経験していない、HPV感染前の小中高の女子学生が優先に接種対象とされました。半年に3回接種することにより、最長6.4年間のHPVの感染防止が、可能な抗体を作ることが出来ます。2013年4月定期接種として定められていましたが、副反応のため、2013年6月厚生労働省は接種推奨を中止しました。

(3)子宮頸がんワクチン副反応について

厚生労働省は、発表したHPVワクチン副反応(2013.3.31まで)として以下の症状を発表しました。

  • 局所反応として:
    関節痛、発赤、腫脹、蕁麻疹、発疹
  • 全身反応として:
    頭痛、発熱、不眠・過眠、倦怠感、めまい、脱力感、局所疼痛、全身筋肉痛
  • 重篤な副反応として:
    意識消失、失神寸前、アナフィラキシーショック、痙攣、ギラン・バレー症候群、急性散在性脳脊髄炎、全身性エリテマトーデス、複合性局所性疼痛症候群(CRPS)。
  • 不随意運動として:
    振戦、ミオクローヌス、ジストニア、舞踏病のいずれかに該当する、あるいは組み合わさった運動がみられます。

副反応に対する各専門家の見解

(1)厚生労働省の検討部会:

筋肉注射という針の傷みや医師の説明不足などからの心身の反応が原因と結論づけ ました。

(2)厚労省副反応・痛み研究チーム信州大医学部の池田修一教授:

起き上った時に立ちくらみやめまいなどの症状が起きる体位性頻脈症候群のHPVワクチン 副反応の患者は「心身の反応」や「自然発生的」なものでは説明できない。むしろ、ウイルス感染が先行しないと起こらない病態だと指摘されています。また、池田教授は、副反応の患者40人を調査し、29人に自律神経の異常を指摘されました。・・・1、2参照:

  1. 麻痺やけいれんが生じている患者の手足は温度(22..2.C)が健康な人(28.4C)と比べて低い、自律神経の異常により、血流が悪くなっている可能性が高い。
  2. 正常の方の皮膚内の神経束はぴっちり整列しているが、神経が壊れると皮膚内神 経に白い部分、「むくみ」が多く観察された。(池田修一教授発表より)

(3)国立精神・神経医療センター佐々木小児神経診療部部長:

ワクチン自体が身体に影響を与え、末梢神経、特に自律神経の問題を引き起こしている 可能性を指摘されました。

(4)日本線維筋痛症の西岡会長:東京医科大学医学総合研究所所長

HPVワクチンには、効果を高める添加物(アジュバント)としてアルミニウムなどが使われており、アジュバントによって、脳内の自己免疫異常がもたらされ、重症の筋肉痛や関節炎、認知障害、睡眠不良などの症状を引き起こすASIA症候群が生じていると指摘されました。

(5)横浜市立大学医学部の横田小児科教授

幻聴幻影、幻視や性格異常の見られた患者の脳の一部に血流の異常が見られ、精査 して「抗NMDA受容体脳炎」と診断しました。

(6)フランス病理学者ゲラルデイ氏

HPV注射局所の患者の筋肉を顕微鏡で調べたところ、筋膜の間にマクロファージとリンパ球が浸潤していることから、「マクロファージ筋膜炎」が生じたと発表しました。

不随意運動の西洋医学的見解

不随意運動とは、自分の意思によらず、身体の一部が勝手に動いてしまう異常運動のことです。脳の一部である大脳基底核や錐体外路系(大脳から脊髄に降りる神経の運動経路のひとつ)の機能異常により生じることが多いです。

(1)ミオクローヌス
筋攣縮により、身体の一部が突然びくっと動き、体幹全体、四肢顔面のすべてを含む広範囲に及びます。責任病巣は大脳皮質が主ですが、脳幹、脊髄も稀にあります。
(2)振戦
リラックスした状態で手指などが細かく震える、動かすと減弱、消失します。主な責任病巣は黒質、視床外側核です。
(3)ジストニア
手足や身体を不規則に捻った姿勢をとり、筋緊張が異常に亢進します。主な責任病巣は被殻です。
(4)舞踏運動
不規則で目的のない、速く踊るような動きが突然始まり、持続時間は短い。主な責任病巣は尾状核です。

子宮頸がんワクチン注射後副反応の一般的な治療

  1. 血管拡張薬の投与
  2. 理学療法・心理療法などの集学的治療に効果があると言われています。
    諸症状ごとにいくつもの対処療法が試みられていますが、確立した治療法が無いのが現状です。

「子宮頸がんワクチン注射後副反応」トップに戻る

お問い合わせ電話番号:048‐927‐5370
お問い合わせフォームはこちらから

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016
埼玉県草加市中央1丁目1-18
草加整形外科内科4階
電話:048‐927‐5370
FAX:048-927-5360

詳しい地図を見る

受付時間

午前 9:00~12:00
午後 14:30~18:00

休診日

日曜・祝日