踵痛・足裏の痛み・足裏のしびれ

当院は難治性症状専門のクリニックです。西洋医学的に診断し東洋医学的に治療する遠絡統合医学・遠絡療法を主に、バイオレゾナンス療法 Bスポット療法 アーユルヴェーダ 鍼灸 DRT 関節トレーニングなど他では受けられない治療法を駆使して難治性疼痛を治癒に導きます。

(1)このような足の症状にお困りではありませんか?

【治らない足の痛み】

  • 起床時の立ち上りや歩き始めに踵の激痛
  • 足裏の踵や土踏まず、足指のつけねが痛んで歩けない
  • 左右交互または両側同時に足や足裏が痛む
  • 整形外科でリハビリ、靴の中敷き(インソール)作ったが痛む
  • 鎮痛薬やブロック注射が効かない

【足裏のしびれ】

  • 足裏にジャリを踏んだような違和感がある
  • 足裏に靴下をはいたような違和感がある
  • 両側の足裏にしびれがある
  • 足指のしびれがだんだん足裏全体にひろがってきた
  • 足裏のしびれが、足首、ふくらはぎへと上がってきた

ひとつでもあてはまれば、遠絡療法で改善する可能性があります。

(2)踵や足裏の痛みやしびれについて

一般的に考えられる原因

  • 足底筋膜炎・踵骨の骨棘
  • モートン病
  • 踵骨骨端症(シーバー病・セーバー病)
  • アキレス腱周囲炎など

足部の一般的な治療

  1. 安静(アイシング、テーピング)
  2. 物理療法(電気治療、温熱療法など)
  3. 徒手療法(ストレッチ、マッサージなど)
  4. 薬療法(内服薬、湿布など外用薬)
  5. その他(足底板やインソールの作成)

遠絡統合医学での考え方

足裏や踵の痛みで西洋医学では診断名が付き治療をしているにもかかわらず、なかなか症状が改善しないという患者様が多数いらっしゃいます。遠絡統合医学ではこれらの局所治療で改善されない症状は、中枢(脳や脊髄)に原因がある可能性が高いと考え、詳しい問診や触診により原因を特定し治療します。たとえば、レントゲンで踵の骨に棘ができていると言われている場合でも、中枢の原因を治療することで症状が改善する可能性があります。

(3)中枢性(脳や脊髄に原因)足の痛み・しびれと治療法

片側の足裏、踵、アキレス腱付着部が痛む場合

中枢の原因は腰から仙骨にかけての脊髄および脊髄神経にあると考えられます。通常局所性の症状は時間によって痛む部位が移動したり、症状が出たり消えたりすることはありませんが、中枢性の場合は時間によって痛みの度合いが変化します。また初めは片側だけだったのが、経過とともに反対側の同じ部位に症状がでてくる場合もあります。腰から仙骨にかけての脊髄に対する治療が重要です。

片側の足裏、踵、アキレス腱付着部が痛む場合

両側の足裏の痛み、しびれ、違和感

両方の足に症状が出ている場合、または足裏に「砂利」を踏んでいる、または靴下をはいているような違和感、デコボコ感等がある場合は、間脳にある「視床」と呼ばれる部位が関係している中枢性症状であることが非常に多いです。間脳の治療をして「視床」の機能を回復することにより症状が改善します。

両側の足裏の痛み、しびれ、違和感

遠絡療法による中枢の治療

遠絡療法による中枢の治療

遠絡療法は、注射や薬、手術などを必要としません。
体の表面にあるツボのようなポイントを、ソフトレーザーの光や治療用押し棒で刺激します。
原因部分の血液、リンパ、髄液、神経伝達物質、内分泌などの流れが回復することで、症状が改善します。

刺激に使うポイントは、鼻の下、口元、のど、腹部、手、足、指、などにあります。
どのポイントをどのような手技で刺激するか、医師が処方します。
治療時間は、処方内容により30~50分程度です。

間脳に対する治療例

(4)症例報告

(5)よくあるご質問

Q1
もし原因が局所性の場合、遠絡療法の効果はありますか?

Q2
料金はいくらですか?

Q3
何回くらい通う必要がありますか?

Q4
薬、鍼灸、マッサージなど他で受けている治療はやらない方が良いでしょうか?

Q5
予約のやり方を教えてください

(6)足の痛みを自分で治療できる遠絡療法のポイント

足の痛みに対して、自分で治療ができる効果的な治療ポイントをご紹介します。詳しくはブログをご参照ください。

  • 自分でできる踵痛の治療
  • 自分でできる足先(足指)のしびれ・痛みの治療

当院は、完全予約制です。

診察、ご相談を希望される方はこちらからご連絡ください
お問い合わせ電話番号:048‐927‐5370
メールはこちらから
お問い合わせフォームはこちらから

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016
埼玉県草加市中央1丁目1-18
草加整形外科内科4階
電話:048‐927‐5370
FAX:048-927-5360

詳しい地図を見る

受付時間

午前 9:00~12:00
午後 14:30~18:00

休診日

日曜・祝日