頭痛(片頭痛/群発性頭痛/筋緊張性頭痛)

頭痛は、症状の出方と原因により「片頭痛」「群発性頭痛」「筋緊張性頭痛」などの3つのタイプがあります。頭部MRIなどの画像検査で、腫瘍などの問題が無ければ、鎮痛薬の処方による対応が一般的です。しかし、頭痛薬を月に10日以上服用している場合には、「薬物の使用過多による頭痛」に陥っている場合があります。正確な診断が求められます。

片頭痛

20ー40代の女性に多くみられます。こめかみから側頭部にズキンズキンと脈うつような痛みが特徴です。ストレスの負荷よりもストレスから解放された時に頭痛が発生する傾向があります。(週末頭痛)また、閃輝暗点(視野の中心が見えにくくなり、その周囲にきらきらと輝く歯車のようなギザギザの模様が見える)も特徴のひとつです。
臭覚過敏、悪心、嘔吐を伴うことがあります。

発作は月に1~2回、2~3日継続する場合が多く、発作は12~24時間程度続きます。母親が片頭痛の場合は遺伝することがあります。

日常動作による脳の血管拡張にともない発症することが多く、例えば入浴、マッサージ、アルコールにより痛みが増悪します。安静、冷却、適切な睡眠、適当な緊張(血管収縮)により軽快する傾向があります。

西洋医学的には光、音、天気の変化などの引き金による刺激で、三叉神経から血管動作性物質が分泌されることにより「①血管が拡張(血流が増加)し、血管透過性が亢進することで、血漿蛋白が血管外へ露出する。」「②肥満細胞が脱顆粒し、生理活性物質を放出する、その結果、三叉神経は神経原性炎症を起す。大脳皮質から三叉神経核へ、そして、三叉神経核から末梢へ痛みとして伝導される。」などが考えられていますが、はっきりとした原因は不明とされています。

群発性頭痛

20ー40代の男性に多くみられます。身長が高い、普段の飲酒量が多い、ヘビースモーカーの方に多い傾向があります。主に深夜、突然一側の眼窩部(眼のくぼみ)のえぐられるような激痛が1時間程続きます。発作は、2~3ヶ月、毎日同じような時間帯に起きます。
涙目、目の結膜の充血、鼻づまり、鼻みずなど、を伴います。
西洋医学的には、視床下部、三叉神経、内頚動脈周囲に発生源を考える3つの説があります。

筋緊張性頭痛

頭を締め付けるような頭痛、頭の重い感じが続く頭痛の症状が、主に後頭部や頭の両側に発症します。普段から、同じ姿勢(パソコンの使用など)を続けることが多いなど頚に負担がかかっているケースが多く、一日中頭痛が続き、特に夕方に増悪します。
入浴や体操などで頚や頭部の血流が良くなると軽快します。

片頭痛/群発性頭痛 に対する遠絡療法

遠絡医学では、片頭痛、群発性頭痛ともに、原因は、アトラス(第1頚椎)の脊髄の神経線維の圧迫による血管のスパズム(けいれん性の収縮)と考えています。治療としては、アトラスの炎症を改善することを目的に、ライフフローを調整します。ソフトレーザーを使用して治療ポイントに押圧刺激を行います。その場で痛みが改善するなど著効を示すケースが多く、数回の治療で痛みが出なくなる場合が多いです。

筋緊張性頭痛に対する遠絡療法

遠絡医学的には、筋緊張性頭痛は第11脳神経(副神経)の炎症による神経線維の圧迫などが原因と考えます。副神経は、胸鎖乳突筋や僧帽筋など頚から肩にかけての筋肉を支配しています。副神経の核のある脳幹部延髄のライフフローを調整することで、頭痛が改善します。

【症例1】32歳 女性 頭痛の他に生理痛、手足の冷え症も改善した症例

初潮より重い生理痛、手足の冷え症がありました。最近、仕事関係のストレスから頭痛が発症。痛みは、側頭部にズキンズキンと脈打つような痛みです。だんだん症状が激しくなり、鎮痛剤(ポンタール)を服用しても軽快しない状態となりました。光、音、においに過敏でひどい時には、悪心、嘔吐を伴います。遠絡治療目的で当院を受診。初回時、頭痛は治療前を10とすると治療後は1、手足の冷えは治療前8だったものが治療後は1に改善しました。その後の継続治療で、生理痛も改善しました。

解説:

生理痛や冷え症も、片頭痛と同じくアトラス(頚椎1番)の障害から発症します。遠絡治療により原因部分の治療を行うことで、同時に症状が改善します。

お問い合わせ電話番号:048‐927‐5370
お問い合わせフォーム

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016
埼玉県草加市中央1丁目1-18
草加整形外科内科4階
電話:048‐927‐5370
FAX:048-927-5360

詳しい地図を見る

受付時間

午前 9:00~12:30
午後 14:30~18:30

休診日

日曜・祝日