小泉医院遠絡医療センターでは、遠絡療法(遠絡統合療法)にて体内の生体エネルギーの流れを調整し、脳や脊髄、脊髄神経などの炎症やきずの修復を促進し、痛みやしびれ、他の医療機関ではなかなか改善しない様々な症状に対して治療を行います。遠絡療法だけで、全く再発することなく症状が改善し卒業する方も大勢いらっしゃいます。しかし、長期間痛みが続いていた方や普段から活動性が低い方は、骨格のゆがみや筋力低下などの問題が残るため、正しい姿勢を維持することができずに、痛みやしびれが再発しやすい傾向があります。

痛みやしびれを出さない、再発しない体作りのために、通常の保険診療によるリハビリでは提供していない特別なプログラムを実施しています。

DRT(ダブルハンドリコイルテクニック)

DRTは、背骨を優しくゆらしながら頚椎2番のずれを修正・背骨のゆがみを改善します。全身の筋肉が緩み、痛みやシビレが解消します。

遠絡療法とは大変相性が良い治療法です。

とくに、円背や側弯、パーキンソンや脳卒中後遺症に伴う体のゆがみのある患者様に、遠絡療法との併用をお勧めします。

鍼や遠絡による刺激が苦手な方にもおすすめします。もちろん、単独の治療でも大変効果的があります。

DRT協会につきましては、こちらもご参照ください。

JTAフラッシュリプロ療法(関節トレーニング)

JTAフラッシュリプロ療法(関節トレーニング)は、『正常な関節運動』を取り戻すために開発された治療法です。

『全身の関節を支えている12個の筋』を活性化させ、筋力の衰え、または筋力のアンバランスを解消し、正常な関節運動を取り戻すことで、関節痛の改善、痛みの再発防止に役立ちます。

小泉医院遠絡医療センターでの実践例より

  • 「車の運転で前を向くだけ(首を反らそうとする動作)で右腕がシビレ、力が抜ける」状態だった50代男性が、JTA療法を加えてから数回の治療で「夜空の星を見上げてもシビレない」程度に改善した症例。
  • 「右手指のCRPSの痛み」が、遠絡療法で80%改善していたものが、JTA療法を加えてから「ほぼ痛みが出なく」なり、セルフトレーニングの継続で通院終了となった50代女性の症例。
  • 「小学校の給食センターの職員で1日3,000枚の皿を洗っているため、治療で痛みが緩和してもすぐに痛み出す」30代男性がJTA療法を加えてから痛みの再発が無くなり、治療終了となった症例。
  • 「脊柱管狭窄症の手術を首と腰の2箇所行い、一時は寝たきりの時期もあった」70代男性が、JTA療法実施前は自宅から職場までの歩行が1500歩だったものが、10回程度JTA療法を実施する中で歩幅がひろがり歩行バランスの改善がみられ、1000歩以下で到着できるようになった症例。など

膝痛、腰痛、頚部痛、頚部からの腕のシビレ、腱鞘炎等すべての関節痛の改善と再発防止に効果があります。

JTAフラッシュリプロ療法につきましてはこちらもご参照ください。

DRT協会認定ベーシックインストラクター・日本JTA協会認定員 堂下佐知子(理学療法士 遠絡療法治療指導師)

担当:堂下佐知子(理学療法士)
DRT協会認定べーシックインストラクター
日本JTA協会認定員

日本遠絡統合医学会 認定治療師
旧日本ENRAC医学会 遠絡療法治療指導師

 

診察、ご相談を希望される方はこちらからご連絡ください
お問い合わせ電話番号:048‐927‐5370
メールはこちらから
お問い合わせフォームはこちらから

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016
埼玉県草加市中央1丁目1-18
草加整形外科内科4階
電話:048‐927‐5370
FAX:048-927-5360

詳しい地図を見る

受付時間

午前 9:00~12:00
午後 14:30~18:00

休診日

日曜・祝日